その症状、本当に○○○○ですか?

昨今、インターネットが普及し、病気や怪我について簡単に調べることが出来るようになり
ました。
しかし、事故直後の症状が、ネットの情報と一致するとも限りません。また、似ているもの
があったとしても、必ずしもその病気やけがであるとはいい切れないのです。

 悩む人1.png悩む人2.png

確かに、病院では遅い時間での診療は受け付けていません。
しかし!
事故直後の症状と、その後の症状・後遺症が必ずしも一致するとは限りません。




病院で診療を受けるメリットは?

病院では、適切な診断名をつけるために、様々な検査をし、その診断名であっているのかを
特定するための”証拠探し”をします。

では、証拠探しとは?
それはレントゲンやMRI、CTなどの画像診断、整形外科テストと呼ばれる特定の症状から
原因を見極めるテストが行われるほか、神経の障害や痺れの原因を探るための検査などが
行われます。
これらの検査やテストはどれだけの信頼度があるのか常に研究されており、日々進歩しています。

適切な検査を受けないと何が起こるの?

まず第一にどこが本当に悪いのか、どんな状態なのかわからないままになります。
その症状の真の原因がわからないまま、治療行為や、マッサージを受けたり、本来は危険な
状態にもかかわらす、放置してしまうことになります。
もしも、動かしてはいけない状態の時に動かしてしまうと、大変な障害を抱えることになる
可能性もあります。
痛みが慢性的に続いたり、手足の感覚がなくなったり・・・・
最悪の場合、その手足が麻痺してしまうことも考えられます。

正しい診断、正しい治療を!

正しい診断を受け、今の症状・原因にあった治療を行う事で回復を早めることが出来ます。
重篤な後遺症を残さないためにも、当院など医療機関での診察をおすすめいたします。